5,500円以上のお買い上げで送料無料

指先のつらいひび割れ!症状とケア方法を解説します

寒い季節になり、指先のひび割れに悩む人が増えています。「指先のひび割れでカサカサしてかゆい」「指先のひび割れがぱっくり割れた」など症状はさまざまです。これから長い冬の季節、どのようにして指先のひび割れを乗り越えていけばいいのか不安になりますよね。


そこで今回は、指先の辛いひび割れの症状や原因、ケア方法などをご紹介します。


指先のひび割れとは?


ここでは、指先のひび割れとは主にどのような症状なのか、そしてひび割れが起きやすい人の特徴はあるのかを解説します。

主な症状

ひび割れの主な症状は以下のとおりです。


  • 皮膚がガサガサになる
  • 皮膚に深い線状の亀裂ができる
  • 皮膚表面が荒れて、皮膚が剥がれる
  • 指先が硬くなる
  • 赤み、かゆみ、痛みが生じる

指先のひび割れが悪化すると、赤みや出血、炎症を伴います。とくに、指先は関節があるので、ぱっくり割れてしまうと触れただけでも強い痛みを感じたり、炎症が悪化してかゆみが増したりするので、なかなか治らない場合があります。

ひび割れが起きやすい人

ひび割れが起きやすい人は、以下のような特徴があります。

  • 主婦
  • 美容師、飲食店スタッフなど水仕事が多い職業
  • 乾燥肌の人
  • 日々紙に触れている人
  • レジ打ちの仕事をしている人

とくに、この中でも水に触れることが多い人は、ひび割れが起きる確率が高くなります。

 

 

指先にひび割れができる原因とは?

指先のひび割れが起きる原因は、乾燥を中心にアルコール消毒の使用や手の洗いすぎになどの習慣によるものです。ここでは、指先のひび割れができる原因を4つご紹介します。

空気による乾燥

空気が乾燥しているということは、湿度が低い状態のことを言います。1年で最も乾燥しやすい冬場は、肌がカサカサになり荒れやすくなります。

 

室内の空気が乾燥するのは冬場だけでなく、冷房を使用する夏場も要注意です。エアコンの風が直接肌にあたって水分を奪っていくので、季節を問わず、湿度のコントロールが必要です。乾燥が進むと皮膚のバリア機能が低下して、ひび割れやあかぎれの原因となります。

皮膚の乾燥

皮膚が乾燥するとひび割れが起こりやすくなります。冬場はもちろんですが、もともと乾燥肌の人は寒さによる血行不良で皮膚の修復機能が低下し、乾燥をが引き起こすといわれています。

洗剤やアルコール消毒

最近は、いつでもどこでもアルコール消毒をする習慣が身につきました。1日に何度アルコール消毒をしているでしょうか。アルコール消毒は、皮脂量が減少し指先のひび割れを起こす原因となります。


また、洗浄力の強い洗剤やシャンプーを使用している人も要注意。アルコール消毒と同様に皮膚の表面から皮脂を奪い、乾燥でガサガサになる人が多いようです。

加齢によるカサつき

年齢を重ねることで皮脂の分泌量が減少することも、ひび割れの原因となることがわかっています。加齢により新陳代謝が低下すると、皮膚の弾力性を失い皮脂膜が薄れていくので角質の水分も奪われます。それにより乾燥肌になっていきます。

 

 

指先にひび割れができた時のセルフケア

「指先がひび割れてしまった。どうやってケアしたらいいかわからない」「ひび割れを簡単にホームケアする方法が知りたい」という人は多いでしょう。

ここでは、指先のひび割れができてしまった方に、おすすめしたいセルフケアをご紹介します。

保湿や軟膏クリーム

とにかくひび割れには保湿が大切です。ハンドクリームや軟膏クリームを使用することで、ガサガサが軽減され、皮膚がやわらかくなってひび割れをケアします。

 

ひび割れやあかぎれに有効な保湿剤の成分には、皮膚のうるおいを保持したり、皮膚を正常な状態にする効果が期待できるものがあります。


とくに指先のひび割れが気になる場合には、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分やかゆみ止め成分が配合されたものを使用するとよいでしょう。

手袋で保護する

水を多用したり手が空気に触れている時間が長いと、乾燥してガサガサになりひび割れが起こりやすくなります。


水仕事をする人はゴム手袋をする、外出時は手袋を着用するなどできる限り「水に触れない」「冷たい空気に触れない」ことを意識して、手袋で保護することが大切です。

加湿器で乾燥を防ぐ

寒い季節は、外はもちろんですが室内も乾燥しています。さらに、エアコンをつけて過ごしていると乾燥が進みやすくなり、ひび割れの原因となります。


室内の乾燥を防ぐには、加湿器を使用して適切な湿度を保つことが大切です。

 

 

指先のひび割れを悪化させないためには

指先のひび割れを悪化させないために、ここではいくつかの予防ポイントをご紹介します。


  • 冷たい水やお湯に触れる機会をなるべく減らす
  • 絆創膏を使用するのを控える
  • こまめに保湿剤を使用する
  • 皮膚科を受診する
  • 指先を保護するアイテムを使用する

などが挙げられます。ひび割れているところに水やお湯をさらしてしまうと、さらに悪化してしまいます。また絆創膏は、一見手を保護してくれそうに思いますが、長時間使用することで蒸れてしまい、ひび割れの悪化につながります。


どうしても指先のひび割れを早く治したい人は、皮膚科を受診したり、ひび割れた部分を保護するアイテムを使用するのもひとつの方法です。

 

 

指先のひび割れを保護するアイテム

ここでは、指先のひび割れを保護するテンダーセンスの「ピタッと巻けるシリコーンテーピング」をご紹介します。

指先のひび割れに悩んでいる人は、ぜひ試してしてみてください。


肌に優しくぴったりフィットする「シリコーン素材」

使用しているシリコーン素材は水に強く、0.5mmのストレッチ性の高い柔軟素材で肌にピタッと密着することで外気や浸水を防いで、乾燥から手を守ります。


さらに、医療現場使用のシリコーン素材なので、肌にも優しく安心安全に使用していただけます。


ピタッと巻けるシリコーンテーピング」は、粘着剤不使用で繰り返し使用できるのも魅力的。日々何度も繰り返し行う手洗いやアルコール消毒によるひび割れを、未然に防ぐ効果が期待できます。

動いてもズレにくい設計

伸縮性が高く動いてもズレにくい特徴があるため、水仕事などで指先を使う人にぴったりです。指の関節などでもしっかりフィットするため、曲げてもズレにくく、ストレスフリーなつけ心地を実感していただけます。

目立ちにくい自然な肌色

自然な肌色かつ薄型設計なため、目立ちにくく肌になじみます。手を見せることが多い仕事をしている人や手元をきれいに見せたい人も気軽に巻くことができます。

巻き方は自由自在

傷に合わせてお好みの長さにカットして使用することが可能。ひび割れた部分が多数ある場合でも対応できます。


ピタッと巻けるシリコーンテーピング」は、指先のひび割れを予防したり、ひび割れによる痛みやかゆみなどの症状を緩和するだけでなく、手荒れやあかぎれなどあらゆる手の症状にも効果が期待できます。


皮膚科にいく時間がない人やとりあえずホームケアで症状を抑えたいという人は、ぜひおためしください。



まとめ

気温が低い日はまだまだ続きますが、指先のひび割れは水に触れる機会を減らすことや手袋を使用したり、保湿クリームを塗るなどのホームケアでひび割れを予防することができます。


また、指先を保護するアイテムを使用するなどして悪化を防いだり、症状の緩和が期待できます。ひび割れをできるだけ防いできれいな手元を目指しましょう。


指先のひび割れの予防に、今回紹介した「ピタッと巻けるシリコーンテーピング」を一度試してみてはいかがでしょうか。



商品の購入はこちらから

・ピタッと巻けるシリコーンテーピング

・¥1,078

https://tendersense.jp/products/siliconetaping