5,500円以上のお買い上げで送料無料

眼鏡をかけると痛い!原因や対策、おすすめグッズを紹介


「眼鏡をかけると鼻や耳の後ろのへこみが痛くなる」

「眼鏡をかけ続けているとこめかみあたりが痛い」

「眼鏡をかけていたら、片方の耳の後ろが痛くなった」


眼鏡をかけていると、こういった鼻周りやこめかみ、耳の後ろが痛いと感じたことはありませんか?

眼鏡ユーザーにとって眼鏡は生活をする上でなくてはならないものですが、このような痛みがストレスとなり、生活に支障をきたす場合もあるでしょう。

そこで今回は、眼鏡をかけると痛いと感じている方へ向けて、その原因や対策、おすすめのグッズをご紹介します。

眼鏡をかけると痛い!その原因は?


眼鏡をかけると痛いと感じる原因は、以下の3つが考えらえます。

  • 眼鏡のテンプルの先端が耳に合っていない
  • 眼鏡のテンプルの角度がフィットしていない
  • 眼鏡の鼻パッドの歪み・劣化

それぞれ詳しく解説していきます。

眼鏡のテンプルの先端が耳に合っていない

眼鏡のレンズを支えるテンプルの先端が耳の位置に合っていないと、眼鏡をかけたときに耳のあたりに痛みを感じることがあります。

たとえば、テンプルの長さが長すぎる場合は、テンプルの先端が耳よりも後ろに下がってしまうため、耳の後ろあたりが痛くなる可能性があります。

逆にテンプルの長さが短すぎる場合は、本来であれば耳の後ろにくるはずのテンプルの先端が耳の上に乗るような形になってしまいます。そのため耳に痛みを生じたり、テンプルの長さが足りず耳が引っ張られて、鼻の付け根に痛みを感じるケースもみられます。

眼鏡のテンプルの角度がフィットしていない

眼鏡のテンプルの角度が自分の耳の形にフィットしていないと、耳が痛いと感じることがあります。

基本的にテンプルは耳の形に沿って角度が調整されていますが、角度が緩い、もしくは鋭いと耳にフィットせず、過度な負担がかかって痛みの原因となるでしょう。

日頃から眼鏡がずれやすく、それに伴って耳のあたりに痛みを感じている人はテンプルがフィットしていない可能性が考えられます。

眼鏡の鼻パッドの歪み・劣化

鼻パッドの歪みや劣化が原因で、眼鏡をかけたときに耳や鼻の付け根が痛いと感じる場合があります。

眼鏡は、テンプルと鼻パッドの両方にバランス良く重心を分散させることで、正しい位置で支えられます。しかし、鼻パッドに歪みや劣化が生じると重心のバランスが崩れ、鼻や耳のあたりに痛みが出ることがあるでしょう。

眼鏡をかけると痛いときの対策法

眼鏡をかけて痛いと感じるときの対処法は、以下の3つです。

  • 眼鏡店でフィッティングをしてもらう
  • 新しい眼鏡に買い替える
  • 痛み対策グッズを装着する

 それぞれについて詳しくみていきましょう。

眼鏡店でフィッティングをしてもらう

眼鏡店でどの部分が痛いのかを伝え、痛みの原因は何なのかをみてもらうと良いでしょう。原因によって調整方法が異なるため、フィッティングをして微調整を行うことで眼鏡をかけたときの痛み対策へとつながります。

眼鏡を購入したお店であれば無料で対応してくれる場合もあるため、一度相談してみるのも良いでしょう。

新しい眼鏡に買い替える

眼鏡を調整しても痛みが軽減されない場合は、新しい眼鏡に買い換えるのもおすすめです。

新しい眼鏡を購入する際は、専門家のスタッフに相談をしながら自分の顔の骨格にきちんとフィットするものを選び、テンプルの幅や角度、耳や鼻パッドにかかる位置などを調整してもらうようにしましょう。

痛み対策グッズを装着する

眼鏡の痛み対策として、痛みをやわらげるグッズを装着するのもひとつの方法です。

たとえば、眼鏡の耳かけの部分にあたる「先セル(モダン)」の部分にクッション性のあるものを付けるタイプは眼鏡がずれないように固定でき、耳が痛くなるのを防げるでしょう。

目立ちにくいものをお探しの人には、小さなゲル状のクッションを眼鏡のテンプル部分に付けるタイプがおすすめです。耳の後ろに隠れるため、お出かけや仕事などあらゆるシーンでこっそり使用できます。

最近は眼鏡とマスクとの併用で「耳が痛い」と感じる人も多いようなので、痛みを軽減するグッズがあると便利です。

眼鏡の痛みを解決!おすすめアイテム「ピタエイト」

眼鏡をかけて痛いと感じてもすぐに眼鏡店でフィッティングをしたり、買い換えできない人も多いでしょう。そこでおすすめなのが、眼鏡の痛みを解決するアイテムTendersenseの「ピタエイト」です。

ピタエイトがあれば眼鏡をかけたときの痛みを抑えることができ、ずれ防止にもなります。

 ここでは、ピタエイトの特徴をご紹介します。 

ピタエイトとは?

 ピタエイトとは、眼鏡のテンプルを支える耳かけのつるに装着するゲルパッドです。柔軟性があり、眼鏡にぴったりとフィットして眼鏡のずれや鼻パッド部分の違和感、かけ直しのイライラを防止できます。

クリア素材のミニサイズなので装着しても目立ちにくいのが魅力です。また耳たぶのようなやわらかさの高伸縮素材(タナック社オリジナルゲル)を採用しているため自然なつけ心地を実感できるでしょう

医療現場でも活躍するゲル素材は肌にやさしく、ぴったりフィットするため、眼鏡で痛いと感じている人はもちろん、眼鏡のずれにお悩みの人にもおすすめです。

 伸縮性のある素材は、さまざまなタイプの眼鏡に対応してくれます。読書のときはもちろん、お出かけや運転中、スポーツなどあらゆるシーンでも活躍してくれるでしょう。

使用時間は1日合計3時間程度を目安にし、交換頻度は2〜3ヶ月を目処に交換しましょう。4個入りなので、なくしたときの予備としてポーチやバッグに入れておくと安心です。

ピタエイトはこんな方におすすめ!

 ピタエイトは以下のような人におすすめです。

  • 眼鏡で痛みを感じているがすぐに眼鏡店に行けない人
  • 眼鏡をかけたときの痛みをすぐに軽減したい人
  • 眼鏡がずれて、かけ直しにイライラしている人
  • 今の眼鏡を使い続けたい人
  • 鼻パッドや鼻あて部分に違和感を感じている人
  • テンプルの幅やサイズ感が合っていない人
  • 複数の眼鏡を使い分けている人
  • リーズナブルに痛み対策をしたいと思っている人
  • 眼鏡がフィットしていないと感じる人

など、眼鏡をかけることによって「耳が痛い」「フィットしていない」「違和感を感じる」「かけ直しが面倒」と思っている人は、ピタエイトをサッと装着するだけで改善する可能性があります。

買いやすい価格帯なので、眼鏡店へ行く前に一度試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

眼鏡をかける人にとっては、眼鏡をかけたときに痛いと感じるのはストレスですよね。

痛みを解消するためには、まずは痛みの原因がどこにあるのか見つけることが大切です。そして次に、原因に合わせた対処法で眼鏡の痛みを軽減させると良いでしょしょう。

今回ご紹介したTendersenseの「ピタエイト」は、手軽に眼鏡の痛みを軽減したい人におすすめです。

眼鏡をかけたときに痛いと感じている人は、ぜひ一度「ピタエイト」で快適なかけ心地を叶えてみてはいかがでしょうか?