5,500円以上のお買い上げで送料無料

膝の痛みにサポーターは効果的?選び方とおすすめアイテム

スポーツや加齢による膝の痛みに悩む人は少なくありません。膝の痛みを軽減する対処法には、ストレッチやマッサージ、ウォーキング、温熱療法、膝サポーターなどさまざまな方法があります。

この記事では、膝サポーターに着目し、サポーターの必要性や選び方などをご紹介します。膝の痛みにお悩みの方は、ぜひご覧ください。

膝サポーターとは?

膝サポーターには、膝関節を固定して安定させることで、膝の負担を軽減する効果があります。過度な動きを制限し、膝関節の動きを助けることで膝の痛みを和らげるでしょう。

膝サポーターは、バスケットボールやバレーボール、サッカーなど激しいスポーツをする人やマラソンや登山をする人、膝関節が弱い高齢者など、さまざまな目的で使用されます。

 

膝サポーターの必要性

膝サポーターが必要とされるのは、膝が体重を支える重要な役割を果たし、体の関節の中でも負担がかかりやすい部位だといわれているからです。負担がかかると膝関節を痛めやすくなります。

また、痛みが悪化すれば関節が劣化する「変形性関節症」という症状をきたします。膝関節にストレスがかかり続けると、関節に関わる骨や軟骨の変形が起こりやすく、炎症が生じる可能性もあります。

膝に負担がかかりやすいスポーツをしている人や生活の中で膝を動かす際に痛みが生じる人などは、膝サポーターを装着し、負担を軽減するのがおすすめです。

 

その効果とは?!膝サポーターの有効性

膝サポーターの装着で期待できる効果は、以下の3つです。

膝の固定
膝痛の緩和
膝の保温

それぞれ詳しく解説していきましょう。

 

膝の固定

膝サポーターは、膝を固定することで膝関節の過度な動きを防ぎ、無理な動きで膝関節を痛めることがないようサポートしてくれます。

また、衝撃を緩和する効果も期待できるので、バスケットボールやバレーボールなどジャンプを多用するスポーツの際のけがの予防に効果があるといわれています。

 

膝痛の緩和

膝を固定することで膝の動きを制限するため、膝痛の緩和にもつながります。日々の生活の中でウォーキングやジョギングを習慣にしている人や、階段の上り下りで痛みを感じやすい人は、膝痛を感じにくくする効果が期待できるでしょう。

 

膝の保温

膝サポーターをすることで、膝を温めてくれる効果が期待できます。膝が温まると血行がよくなり、膝の痛みを和らげることができます。

 

膝サポーターの正しい選び方

「膝サポーターってどれがいいの?」「どの膝サポーターが自分に合っているかわからない」という人も多いでしょう。膝サポーターは形状や素材、サイズ、ホールド感などメーカーや種類によって異なります。

ここでは、膝サポーターの正しい選び方をご紹介します。

 

膝サポーターの選び方①サポート力

サポート力があるものを選ぶことが大切です。膝の痛みを和らげたり、負担を軽減するには膝をしっかり固定してくれるかどうかが選ぶポイントになります。
膝に装着した際に、ずれにくいものや固定するためのベルト・テープ等が強めのものだと、膝をしっかり固定してくれます。

 

膝サポーターの選び方②動きやすさ

膝サポーターの選び方では、「動きやすさ」も重要視したいところです。膝を固定することを意識しすぎると、「きつくて歩きづらい」などの動きにくさを感じてしまうでしょう。

また、固定しすぎて圧迫感を感じることで膝の痛みが増す場合もあります。

膝サポーターは、膝関節を固定するサポート力がありながら、動きを制限しないものを選ぶのがおすすめです。

 

膝サポーターの選び方③サイズ感

膝サポーターを選ぶ際は、「サイズ感」も重要です。サイズが膝に合っていないものは、ずれたり、きつかったりして膝をサポートできないのはもちろんつけ心地もよくありません。

購入する際に試着ができる場合は、サイズ感を試してみてほしいです。
ネットや実店舗などで正しいサイズを選ぶには、軽く膝を曲げた状態で膝頭の周りをメジャーで測り、測ったサイズと同じサイズ表記のものを確認して選びましょう。

 

膝痛緩和に効果的!タフシロン 人工筋肉膝サポーター

ここでは、どんな膝サポーターを選べばいいかわからない人に向けて、おすすめの膝サポーターをご紹介します。


こちらでおすすめしたい商品は、テンダーセンスの「タフシロン 人工筋肉膝サポーター」です。

タフシロンとはタナック社独自配合の超弾性シリコーンであり、肌に優しい安心・安全な素材です。

筋肉に沿って配置するように設計され、膝の周りの筋力を補い、曲げ伸ばしにかかる力をサポートします。具体的には重力を考慮した「5030構造」を採用し、引き上げ(曲げ)50、蹴り出し(伸ばし)を30の設計にすることで楽な歩き出しを実現します。

「タフシロン 人口膝サポーター」は動きやすさも抜群ですが、シリコーンの柔軟性がずれ上がりやずれ下がりも防ぎます。動いても固定感があるため、安心して使用できるでしょう。

「タフシロン 人工筋肉膝サポーター」には、【アクティブ】と【ホールド】の2種類があります。

ここからは、それぞれにどんな魅力があるのかを詳しく見ていきましょう。

 

外出や旅行に!タフシロン 人工筋肉膝サポーター【アクティブ】

タフシロン 人工筋肉膝サポーター【アクティブ】」は、階段の上り下りやウォーキング、軽めの外出、旅行などに適したどんどん歩きたい人の膝サポーターです。

筋肉によって配置されたシリコーンが膝をほどよく締め付けることで快適な歩行をサポートします。1日の使用時間は2〜6時間が目安です。初めは短時間で試し、徐々に時間を伸ばして着用するのがおすすめです。

口コミ評価も高く、「歩きやすくて快適」「歩行するときは勝手に足が前へでる感じ」との声が寄せられています。


膝への負担から遠出するのが億劫に感じている人、スイスイ歩きたい人にぴったりの膝サポーターです。

日常生活に!タフシロン 人工筋肉膝サポーター【ホールド】

タフシロン 人工筋肉膝サポーター【ホールド】」は、辛い階段や立ち上がり、長時間の歩行など日常生活の中で膝の痛みを感じている人に効果的です。

【アクティブ】と同様、超弾性のシリコーン素材を使用し、装着するだけで膝のぐらつきが驚くほどに安定します。その理由は、「膝蓋骨周囲360°サポート構造」の搭載にあります。膝蓋骨周囲の6つの大きな筋や腱を包み込む設計で、膝のぐらつきを安定させる効果が期待でき、痛みを緩和するでしょう。

形状保持でずれにくく、正座、しゃがむ、膝を深く曲げる動作なども問題なくできます。

 

まとめ

膝の痛みを防ぐには、膝サポーターを使用して膝を固定することが重要です。膝サポーターが過度な動きを制限し、膝関節の動きをサポートすることで膝の痛みを軽減する効果が期待できます。

スポーツから日々の生活まで膝が負担にかかるあらゆるシーンで活躍するため、膝の痛みに悩んでいる人には欠かせないアイテムです。さまざまなメーカーのものがあるので、自分の膝悩みに合った膝サポーターを選ぶことが大切です。

テンダーセンスの「タフシロン 人工筋肉膝サポーター」ならあらゆるシーンでの膝の悩みに対応し、サポートしながら動きやすさも叶えてくれます。ぜひ一度、「タフシロン 人口膝サポーター」を試してみてください。